ならいろ々


by とくちゃん

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0269135_22122295.jpg


来る方向を間違えてカメラを構えていた。
なかなか お洒落な電車だったのに、残念~
d0269135_2213111.jpg


d0269135_22133963.jpg


壁面に直ペイント広告
d0269135_22143538.jpg


d0269135_2215295.jpg


7ヶ所程観た世界文化遺産内で
インド人FAMILYが3世代で(10人くらい)
観光にやってきている風景をよくみかけた。 
まだ、この国の人はその形をなくしていないのだと、羨ましく思った。
d0269135_22154573.jpg


d0269135_22161669.jpg


廃墟ではなく、紛れも無く建設中です
d0269135_22254864.jpg


d0269135_2216558.jpg


d0269135_22173569.jpg


d0269135_22175671.jpg


日本人はお買い物好きと教えられているのか、ツアー行動を見ると、
すかさず、呼び込み合戦のターゲットにされる。
d0269135_22212821.jpg


楽しみにしていた、アーユルヴェーダ 1時間5000円
日本人向けの、日本料金があるようです。
d0269135_222296.jpg


空港ゲートを抜けて、最後の夕日
d0269135_22231862.jpg


インド好きでも、行けば もう懲りた。という人も多いのだが、
半端ない 暑さゆえ、そこそこの体力を保持していれば 大丈夫です
何より、いやしんぼさんをしては いけませんね。www
暑いので、だされた フルーツの香りは、ノドから手がでそうになりますが、
我慢しましょう。

さてさて、地図を広げて次回の作戦をたてましょうか・・・・ナマステ
d0269135_22224923.jpg

[PR]
by soumatou1717 | 2012-07-10 23:12 | インドが好き

裏側家電事情

エレベータの表示にも、イギリスのなごりが。
d0269135_20473146.jpg


観光施設のWC チップ5るぴー(10円)
d0269135_2049741.jpg


ホテルの朝食でパンを焼いてもらった。
ロータリーグリル!!
d0269135_20504868.jpg


消火栓。ちょっと・・・不安・・・
d0269135_20512612.jpg


ホテルの裏で見つけたもの。
d0269135_2112187.jpg


同じく。
d0269135_2059611.jpg


ホテルの警備のお兄さんのばいく。
d0269135_20522243.jpg


d0269135_21161287.jpg


ハイテクの進んだインドのおねえさんの携帯電話。びっくり~!!
d0269135_20541159.jpg


もっと びっくり!!
タージの裏庭で発見
300年前にも、電工掲示板があったなんて・・・笑
d0269135_20531554.jpg


2012年現在、デリー ~ アグラー当たりの地下は、
鉄道工事が、急ピッチで行なわれていました。

鉄道網が発達すれば、もっと、この国に住む人達は仕事に
ありつけるのでしょうけれども、
経済を軸にして
歪んだ変化のひずみにもがく先進国のような
変わり方は、して欲しくないなぁと、願うばかり・・・。


変わった事により 
崩れ落ちたものは、もう戻らないのだから・・・
[PR]
by soumatou1717 | 2012-07-07 21:41 | インドが好き

レンガ考

400年前の彫刻物には、痛々しい傷跡が・・・。

d0269135_17275153.jpg


それでも、見事過ぎる 彫刻に見とれてしまう。
d0269135_17291764.jpg


世界遺産でも なんのその。
蜂の巣あっても、問題ないね~ と、
いったかどうだか・・・・・。日本では、まず、ありえない・・・。

d0269135_17302633.jpg


2012 庶民の庭に見るれんが積み。
d0269135_17255971.jpg


ここにも、あった~!!
へたっっぴ~。記念にカシャリ。
d0269135_17265090.jpg



が。公道をバスで、走っていると、規模は小さいが、
レンガ工場が 等間隔であるのが見えた。
工場と分かるのは、工場の前面に、
レンガが積まれていたからなのだが、
又 走っていくと、道沿いに、このまあるい へったぴ~なレンガがたまに、
点在。不思議に思って 窓を 見続けていると、

れんがの物体のなかには、植樹されているのが見えた。

mmmmm。
かんからかんに暑い国の事業、なのだろう・・・・。

木を、育てる。守る。と言う姿勢に、

レンガ細工の 巧妙さだけを見比べた自分が、
一寸恥ずかしい。穴があったら、はいりたい。。。。。

d0269135_17305825.jpg



え?犬の為に、穴?
呆れる程、やさしすぎるインド人!!

時間があるから、即ち、仕事がないから、

家周りの事が可能なのだろうけれども、

インドの人達は、動物に対して、とても深い思いを抱いているようです。

どこで間違ったのか、にほんにみかけなくなった、野良。

衛生環境面を 前面にだして 国を整備したものの、

果たして、人の心まで 排除してしまったんじゃあなかろうか・・・・

どこまで、と言う線引きは、難しい。

かくいう私も どぶ、や、
野良のいなくなった綺麗な町にしか暮らせないだろうから・・・

至る所に、自分を 見つめさせられる インド。です。
[PR]
by soumatou1717 | 2012-07-04 18:13 | インドが好き